×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

絶望


人は二種類に分けられると思う

独りで絶望したことのあるひとと
そうでないひと






私は前者で
彼は後者

私はいつも独りぼっちだった。
心はいつも独りぼっちだったの。

独りで絶望したことのある私は、とてもあきらめやすく執着心が薄い。
だって、いずれすべては消えゆくものだと知ってしまったから。

あのひとはいつも、明るい眼をしている。
落ち込んでいるときも、悲しんでいるときも。
二人で絶望しているときも。
いつも、眼に希望を映している。

いつも独りぼっちで絶望している私は、二人でいても独りで絶望と話をする。

絶望はいつも、私を悲しく不安にさせる。
だけど、その暗く、冷たい場所はなぜだか懐かしい気がするの。
こんなにも暖かい、あなたの腕の中にいるときも。

絶望はいつも、私のそばにいる。
それはいつも、私がみている終わりと同じ匂いがする。




なくすことがつらいのか
それとも楽になることなのか
私にはもうわからないの







* * * * * * * * * * * * *

2009/06/10


←詩的散文に戻る